calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

更新情報&つぶやき



selected entries

categories

広告




カスタム検索

楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazon.jpで探す
セブンネットショッピングで探す
ジュンク堂書店で探す
livedoorブックスで探す
@古本市場で探す
TSUTAYA onlineで探す
ホットペッパー(FooMoo)で探す
【JTB】旅館・ホテル予約で探す
温泉ぱらだいす 九州で探す
楽天トラベルで探す
【じゃらん】 九州のホテル・宿で探す





recent comment

recent trackback

search this site.

links

PROFILE
このブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。 アフィリエイトリンクはなるべく分かりやすく表示しているつもりです。 商品の購入に関してはリンク先とお客様とのお取引となりますので、 お問合せや苦情は、直接リンク先へお願い致します。 当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。 当ブログが利用しているASPは、次のとおりです。

リンクシェア

登録サイト30万突破のA8.net

アクセストレードでアフィリエイト

アフィリエイトB

Amazon.co.jp

バリューコマース

楽天アフィリエイト

カラメル - ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド

Live!Adsアフィリエイト

”My”アフィリエイト

ブルックスメイト

Google AdSense


この他、このブログご利用上の注意点は、上の「PLOFILE」内に 載せていますので、必ずご一読下さい。

archives

others

★ブログの字が見づらい方は、Ctrlキーと+キーの同時押しをお願いします★


  <SPONSORED LINK>






興福寺

・・・柳茶屋で昼食からのつづき・・・

いよいよ楽しかった旅も終わりです。
最後に観光したのは、興福寺。






春日大社&奈良公園

・・・東大寺&依水園からのつづき・・・


<春日大社>

東大寺の南大門から春日大社までは、砂ぼこり舞う中、
けっこう距離がありました。
しかもずーっとなだらかな坂道。
両脇には、おびただしい数の石灯籠。
2月と8月の万燈籠の時には、これ全部に明かりが
灯されるのかぁ。幻想的だろうなあ!





東大寺&依水園

・・・ホテル ニューわかさからのつづき・・・

国宝&重文だらけの、奈良市内の観光へ出発♪
といっても、その日じゅうに帰らないといけないので、
奈良公園界隈のみの見学となりました。
それでも十分、堪能〜楽しい





ホテル ニューわかさ(奈良県奈良市)

・・・鳥羽水族館からのつづき・・・


<貴重な経験>

電車に揺られ、奈良に到着です。
この日の宿は、奈良公園に程近い「ホテル ニューわかさ」。
GW前、ホテル探しをしている時、奈良はどこも満室で、
開いてるのはこことあと数件だったので、あんまり
期待していませんでした。
「観光に便利そうだから、まっ、いっか!鳥羽の宿より
設備はいいだろうし(^^;」などと思いながら、
ちょっと遅めの19:00前に到着〜ラッキー





鳥羽水族館

・・・炭火焼の松阪牛の牛串からのつづき・・・

伊勢から鳥羽方面へ戻って、鳥羽水族館へ。
けっこうキツキツのスケジュールですが、水族館好きの母が
喜ぶかなと思って、コースに入れました。
世界屈指の規模を誇るそうです(@o@)





伊勢神宮 内宮

・・・伊勢神宮 外宮&月夜見宮からのつづき・・・

伊勢神宮の外宮から内宮へは、歩いてはとても行けない
距離なので(それでも昔の人はみんな歩いてたんだなあ)、
車で移動。





伊勢神宮 外宮&月夜見宮

・・・旅館 海月からのつづき・・・

<伊勢神宮 外宮>

泊まった海月からは、この後に行く鳥羽水族館の方が
近いんだけど、神社の方が早くから開いていて、有効に
周れそうだったので、先に伊勢神宮へ行くことにしました。





旅館 海月(三重県鳥羽市)

・・・名古屋城〜二見浦からのつづき・・・

さて、宿に着きました。
JR鳥羽駅のすぐ近くにある、旅館 海月です。
車は宿の向かいの有料駐車場と書いてある所に停めるように
なっていました。

このお宿、ひとことで表すならば、

 衝 撃 的 ! ! !

色んな意味でね(笑)





名古屋城〜二見浦

・・・香楽(名古屋市)でひつまぶしランチからのつづき・・・

お腹が満たされたところで、観光に出発です。
名古屋城へは地下鉄で行きました。
名古屋の若者は、地下鉄にお年寄りが乗ってくると、
物言わずともサッと立って自然に席を譲っているのが
印象的でした。またしても名古屋の好感度アップ右斜め上
続きを読む >>





1