calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

更新情報&つぶやき



selected entries

categories

広告




カスタム検索

楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazon.jpで探す
セブンネットショッピングで探す
ジュンク堂書店で探す
livedoorブックスで探す
@古本市場で探す
TSUTAYA onlineで探す
ホットペッパー(FooMoo)で探す
【JTB】旅館・ホテル予約で探す
温泉ぱらだいす 九州で探す
楽天トラベルで探す
【じゃらん】 九州のホテル・宿で探す





recent comment

recent trackback

search this site.

links

PROFILE
このブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。 アフィリエイトリンクはなるべく分かりやすく表示しているつもりです。 商品の購入に関してはリンク先とお客様とのお取引となりますので、 お問合せや苦情は、直接リンク先へお願い致します。 当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。 当ブログが利用しているASPは、次のとおりです。

リンクシェア

登録サイト30万突破のA8.net

アクセストレードでアフィリエイト

アフィリエイトB

Amazon.co.jp

バリューコマース

楽天アフィリエイト

カラメル - ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド

Live!Adsアフィリエイト

”My”アフィリエイト

ブルックスメイト

Google AdSense


この他、このブログご利用上の注意点は、上の「PLOFILE」内に 載せていますので、必ずご一読下さい。

archives

others

★ブログの字が見づらい方は、Ctrlキーと+キーの同時押しをお願いします★


  <SPONSORED LINK>






バセドウ病の手術 その1 〜手術を決意するまで〜

↓↓↓↓↓ポチポチッとクリックお願いします〜♪↓↓↓↓↓
にほんブログ村 病気ブログ バセドウ病へ  人気ブログランキングへ


書こう書こうと思いながら、早や1年半が経過してしまいましたf(^_^;
2010年1月の、わたしのバセドウ病手術についてです。
結論から言うと、やってよかったです☆
 →バセドウ病について書いた記事はこちら
 →検査数値の変化(手術以前)の記事はこちら

※リスクやメリット・デメリットは、個人差があると思うし、
 病院によって治療方針etc.が違うと思いますので、
 そのあたりをお含みの上、ご覧下さいませ〜m(..)m
4reaf 薬じゃ治らん!

結婚直前(2003年12月)に発覚して以来、ほとんど忘れることもなく
まじめに薬(メルカゾール→プロパジール)を飲み続けてきた
わたしでしたが、途中、落ち着いてきた時期もあったものの、
2009年9月頃にはなぜか治療を始める前に追いつきそうな勢いで
悪化してしまいましたorz
結局は6年間以上、治らなくて悩まされ続けてる。。。
それまで通っていた大学病院の先生からは、投薬以外の方法は
積極的には勧められていなかったけど、なんとなく
「もう薬じゃ治らなさそう。アイソトープ治療でもしようかな」と
思いはじめました。
だって、手術は喉のとこ切るんでしょ?やっぱり怖いもん!
入院もしたことないしぃ。
しかし、アイソトープ治療(=放射線治療)は、不妊治療を
している身としては、やはり不安が残ります。
どうしたものかと、悶々としていました。

モデル
↑見栄えのため、写真を入れてみましたが、
 これは決して管理人ではありません(笑)
 写真素材 足成さんから頂きました


そんな折、不妊治療の病院の先生からも「子供が早く欲しくて
焦る気持ちもわかるけど、悪化してきているんだったら、
不妊治療は一旦お休みして、まずは甲状腺をきちんと治した方が、
今後のあなたの人生のためにもいいんじゃない?」と言われました。
確かにそうだ・・・。
もし、このまま子供ができなくても、バセドウ病がなくなれば、
体だけは楽になる・・・。
当たり前のことだけど、この時はすんなり先生の意見に同意できました。

アイソ治療後に放射線の影響を気にしながら不妊治療を続けるより、
手っ取り早いのは、やっぱり手術・・・かなあ?と、
わたしの気持ちもだんだん手術寄りに。
母からの「これだけ長い間治らなかったんだから、転院したら?」という声に従って、
大学病院ではない別の病院に行き、相談してみることにしました。

その病院では、あっさりと「手術しましょう」と言われました。
「ええっ、でも、手術ってやっぱり怖いです〜」と言うわたしに、
「子供が欲しい女性には、もっと年齢が若い人でも、
うちでは早めの手術を勧めてます。
リスクがゼロとは言わないけど、大丈夫、大丈夫!」と、先生。
あまりにもあっけらかんと言われるので、拍子抜けするほど あらら
「おいおい、ほんとに大丈夫かぁ?!」と思いながらも、
年間の手術数も多いし、手術ミスで人が死んだという噂も聞かないから、
自信あってこその発言かなーと、だんだん前向きな気持ちになり、
ついにこの病院で手術することに決めました。
(大学病院の先生とも仲良く?なって好きだったんだけど、
裏切っちゃいました・・・ゴメンナサイ汗)


4reaf 手術まで

少し話は前後しますが、大学病院に通っていた最後の方で、
アイソ治療について先生に質問してみたところ、
「アイソトープにしても手術にしても、このままの数値じゃできないから、
これを飲んでください」と言われ、今まで飲んできたプロパジールに追加して、
ヨウ化カリウム丸を毎日1錠ずつ飲みました。
これって、つまりはヨウ素。
今になって思うに、原発事故とかがあった時に甲状腺ガンを防ぐため、
近隣住民に配られるという、アレです(@_@;
バセドウ病なのにヨウ素飲んだら、ますます甲状腺が活性化しそうなものですが、
これだけ多量のヨウ素を摂取すると、逆に甲状腺ホルモンの生産が落ち着くそうです。
不思議ですね〜。
効果はてきめんだったみたいで、グラフを見てもらってもわかるように、
値はがくーんと減りました(それでも正常値より高めでしたけど)。

新しい病院に移ってから、これまで受けたことがなかった検査を受けました。
シンチグラフィーという検査です。
放射性ヨードの入ったカプセルを飲んで、しばらくしてから
特殊なカメラで撮影し、放射性ヨードがどの程度甲状腺に
集まってきているかを調べる検査でした。
結果は、単位とかなんだかよくわからないけど、「5.0」と
言われたような気が?(なぜかこれに関して5.0しかメモってない。
実は正常値が5.0?あやふやですみません・大汗)
とにかく、正常な人に比べてとても大きな数値なので、
やはり手術した方がいいという結論に達しました。
2週間くらいの入院になるそうです。


TREview↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
(記事頭のランキングとは別のランキングなので、こちらも応援
 よろしくお願いしまっす m(..)m )


・・・バセドウ病の手術 その2 〜入院(手術前)〜につづく・・・




<別表記・誤表記/検索用>
 バセドー病/バセドウ氏病/甲状腺機能亢進症/放射線同位元素/
 RI検査/シンチ検査/甲状腺シンチグラフィー/
 シンチグラム/ヨード


JUGEMテーマ:バセドウ病
 
★この記事と同カテゴリ最新5★
 





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック