calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

更新情報&つぶやき



selected entries

categories

広告




カスタム検索

楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す
Amazon.jpで探す
セブンネットショッピングで探す
ジュンク堂書店で探す
livedoorブックスで探す
@古本市場で探す
TSUTAYA onlineで探す
ホットペッパー(FooMoo)で探す
【JTB】旅館・ホテル予約で探す
温泉ぱらだいす 九州で探す
楽天トラベルで探す
【じゃらん】 九州のホテル・宿で探す





recent comment

recent trackback

search this site.

links

PROFILE
このブログはアフィリエイトプログラムを利用しています。 アフィリエイトリンクはなるべく分かりやすく表示しているつもりです。 商品の購入に関してはリンク先とお客様とのお取引となりますので、 お問合せや苦情は、直接リンク先へお願い致します。 当ブログ並びに管理人は一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。 当ブログが利用しているASPは、次のとおりです。

リンクシェア

登録サイト30万突破のA8.net

アクセストレードでアフィリエイト

アフィリエイトB

Amazon.co.jp

バリューコマース

楽天アフィリエイト

カラメル - ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド

Live!Adsアフィリエイト

”My”アフィリエイト

ブルックスメイト

Google AdSense


この他、このブログご利用上の注意点は、上の「PLOFILE」内に 載せていますので、必ずご一読下さい。

archives

others

★ブログの字が見づらい方は、Ctrlキーと+キーの同時押しをお願いします★


  <SPONSORED LINK>






湯亭 上弦の月(玉名郡和水町)


嬉しい平山温泉が有名になってきたけど、すぐ近くの
    三加和温泉ものんびりできていいですよね☆
    まだ新しい、遅い時間まで開いている温泉のご紹介です(^0^)
    今日もポチっとクリックで応援お願いします〜!
人気ブログランキングへ

人気ブログランキング-4


・・・西洋料理バンブからのつづき・・・

バンブを出て、玉名の温泉街あたりをうろつくも、立ち寄り湯が
あるお店がどこなのかわからず、あきらめて、前にも行ったことがある
和水町(三加和温泉)を目指しました。

入ったのは、2008年12月にオープンした「上弦の月」というお店。
赤×黒で目立つのですが、道から少しだけ奥まっています。
外観 看板

大きな看板はないので、皆さんが行かれる時には、
駐車場入口に立っている、写真右のような看板を探して下さいね。

玉名からここまで、ダンナが何度も道を間違えて、わたしは
ちょっと車酔い状態で到着(--;
でもニューオープンのお店だから、待たないといけないだろうなーと
思っていたら、奇跡的に(?)1部屋だけ空いていました(^^)v

入ってすぐの所にある受付で、完成予想図みたいな絵のついた
リストから、入りたいお風呂を選びます(と言っても、今回は
一部屋しか空いてなかったから確認だけだったけど)。
そして、入り口右手にある券売機で券を購入。
ほんとはぶんぶく茶釜みたいなお風呂に入りたかったんだけど、
空いてたのはかぐや姫をコンセプトにした「月白の湯」。
リストの絵だけ見たらそんなに魅かれませんでしたが(汗)、
さてさて、どんなところかな?

廊下お風呂までの廊下も
赤×黒でシック。


↓脱衣場の様子。
 なぜか脱衣場がめっちゃ広いです。
 ここに3畳くらいタタミがあったら、湯上りに
 寝転がれるんだけどな〜。
 受付でドライヤーとエアコンのリモコンを貸してくれます。
 
脱衣場-1 脱衣場-2
脱衣場-3 ドライヤーなど

おお〜、オープンして間もなかったので(まだエントランス部の
敷き石を施工中だったほど)、さすがにカビなどもなく、きれいで快適♪
内湯への扉を開ける頃には、わたしの車酔いもどこかへ
ふっ飛んでいました(笑)
ここは全室内湯&露天付きで、「月白の湯」には露天が
2種類備わっています。

↓内湯。毎回入れ替え制なので安心♪

内湯アップ

内湯シャワー部シャワー周りは
こんな感じ。


↓露天風呂の様子。絵から想像したのより良かったイヒヒ

露天全景

「和」ですな〜。
源泉掛け流しで、贅沢ぅ!ヤッタv

白大理石風呂白大理石風呂。
これは満月に
見立ててあるんだって。
今、知ったわ(^^;


かぐや姫風かぐや姫風の、
竹の形のお風呂。


九州でもトップクラスの強アルカリ泉とのことで、
少しヌルっとしたお湯でした。
だから特に竹型のお風呂に出入りする時は、しっかりフチを
持たないとすべりそうでした。
それにしてもこの竹型のお風呂、男性が入ると
ギリギリだし(直径1m)、やっぱり絵になりませんね(笑)
ダンナが入っている姿がかなりおかしかったです(≧∇≦)ノ彡☆

あー、いいお風呂でリフレッシュできました!


↓またしても手ブレしまくりですが、動画もあるのでよかったら観てね☆



You Tubeの画面で見た方がもう少しキレイな画像かも。


上弦の月では通常、予約はできませんが、無料で会員登録すると、
電話でも予約ができるようになります。
500円でスタンプ1個押してくれるポイントカードもあって、
溜まると500円割引になったり無料でお風呂に入れたり
するようです(土日祝日を除く)。
また、全室制覇スタンプラリーなんかもついていて、
なかなかおもしろいしかけが用意してあるなと感心しました。
そんなわたしもまんまと策略にはまり(?)会員になったので、
また行かなきゃ(笑)
有効期限は書かれていないので、そのうちたまるかなぁ?
次こそ分福茶釜、狙いまっせ!たぬき


星温泉好きな方、こちらのサイトも見てみて下さい♪

   温泉ぱらだいす 九州


乾燥肌  日本人の肌には日本の温泉水 「オンセンキレイ」


TREview↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
(記事頭のランキングとは別のランキングなので、こちらも応援
 よろしくお願いしまっす m(..)m )


URL上弦の月のHPはこちらこちら

URLブログもあります


さくらんぼ今回のDATA
お店:湯亭 上弦の月
住所:熊本県玉名郡和水町大田黒310-1
TEL:0968-42-4126
営業時間:10:00〜26:00(受付は10:00〜24:00)
お休み:第2火曜日

↓大体この辺です。クリックすると地図の縮尺を変更できます。
(「No Image」と表示されていても、クリックすると
          ほとんどの場合正しく表示されます)
湯亭 上弦の月
南関ICより車で約12分、菊水ICからは車で約10分とのこと。
お店の前が20台くらい停められる駐車場になっていますが、
舗装でなく砂利敷きでした。


温泉 料金表
紫苑の湯:御影石露天=70分 1500円
山吹の湯:檜樽露天=70分 1500円
紅梅の湯:桜御影石露天=70分 1500円
若竹の湯:鍋田石組露天=70分 1500円
照柿の湯:椹角丸式露天=70分 1500円
紅緋の湯:信楽焼ひょうたん露天=80分 2000円
藍鉄の湯:信楽焼タヌキ露天=80分 2000円
月白の湯:信楽焼かぐや姫露天、白大理石丸露天=80分 2500円
翡翠の湯:信楽焼丸露天、自然石組大露天=90分 3000円
     (8畳和室&50インチテレビ設置)
蘇芳の湯:自然石くりぬき露天、ジャグジー露天=90分 3000円
     (8畳和室&50インチテレビ設置)


・・・緑彩館で買ったパンへつづく・・・


<別表記・誤表記/検索用>
 yutei JOUGEN no TSUKI/貸切湯/立ち寄り湯/露天風呂/
 日帰り湯/個室/三加和町/なごみ/みかわ/じょうげんのつき/
 上限の月/竹取物語
 

JUGEMテーマ:温泉に行こう


 
★この記事と同カテゴリ最新5★
 





コメント
三加和温泉は昔、たまに行ってました。
新しくできたとあって、とても綺麗ですね。
露天風呂が2つもあって、すごいな〜と
思ったら、2,500円もするんですね〜。
でも、時間も80分と長い!
普通長くても60分ですよね。
ゆっくり出来ていいですね。



こんばんは。
なかなかゆったりできるみたい^^
でも2500円とは、なるほど〜
実家はとなり町です、よく通りますよ〜
入浴シーンも今度お願いします(爆)^^
むら智さん

わたしたち夫婦はわりとカラスの行水型なので、
80分もあると時間を持て余してしまいます(^0^;
(↑なら温泉なんかに行くなって感じですが・笑)
脱衣場があれだけ広かったから、座ってくつろげる
ところがあればなあ。
ほんと、そこだけが惜しいところでした。
あと500円出せば部屋&大画面テレビ付きみたいですけど・・・。
ゆったり人さん

やっぱり2500円は高いのか〜、めったにこういう
所に行かないし、空いてたのがそこだけだったので、
何の抵抗もなく払ってしまいました(^▽^;

わたしの入浴シーンですか?
わたし、脱いだらすごいんですw←逆の意味で
「金返せ!」どころか、「金払え!」って言われそうなので
やめときます(笑)
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック